手厚いサポートをしてくれるさくら霊園なら安心

葬儀の代行サービス

葬儀

家族のいない人のために

東京には、葬儀代行サービスを行う会社があります。葬儀代行とは、主に家族がいない人に対して、遺族の代わりに葬儀を執り行ってくれるサービスです。特に東京では、核家族化が進み、自分の葬儀を誰にも託せない人が多いのです。また、後継者がいても、諸所の事情で葬儀が執り行えないという人も結構いるのです。人口の多い東京では、各段にその事例が多いといいます。そのような場合においても、喪主や家族に成り代わって葬儀代行をしてくれるサービスがあります。自分の葬儀をどのようにするべきか悩む人にとって、葬儀代行は一つの救いともなっています。自身の葬儀代行を依頼する場合には、生前から予約を行う必要があります。一般の葬儀依頼と葬儀代行の大きな違いは、葬儀の後の埋葬や永代供養の手続きまで含まれていることです。後継者がいなくとも、葬儀から供養に至るまで、自身の没後の心配が解消されます。後継者や家族がいない人は、遺言やエンディングノートの形で、葬儀代行のことを記しておくと良いでしょう。実は、このようなサービスは、自治体などでも行っている場合があります。一人暮らしの人が故人となった場合には、行政手続きが必要となり、その延長線上の措置として、簡易な葬儀、埋葬を実施しているのです。ただ、自治体におけるサービスには、故人の想いは殆ど反映されません。自身の死後のことについて、少しでも思い入れがある場合は、生前からの意志を伝えておくことです。このようなサービスは、東京以外でも増えています。